カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

出会い系の熟女

出会い系の熟女、なんて言われ方、すごく心外です!
まだ60にはなってません!
最近、出会い系始めたんですね。やっぱり、パートナーっていたほうがいいし、結婚までは求めませんけど、やっぱり私を女として見てくれる人がいて欲しい、そんな気持ちだったんです。
シニア向けのパーティーやイベントにも参加したことあるんですけど、やっぱり男性は結婚前提なんですよね。
資産状況をいちいち教えて来るような人もいました。
私の場合は、ただちょっとこう・・・デートしたり、一緒に食事したりお酒飲んだり、その程度の相手を求めていたので結婚まで考えるとなるとハードル高いんです。
それで出会い系始めたんですけど、そうすると出会い系の熟女って熟女カテゴリーに行くことになりますでしょ?
セフレの作り方を完璧にマスターして2人の熟女をセフレにする
そうなると、なんというか、こう出会い系の熟女って色がついてるような気持ちになってしまう。
つまり、その色ボケババア、みたいな・・・ねぇ?
下品なイメージあるじゃないですか。
自分でもそう思うんですから、男性だってそういう風な目で見るわけでしょ?
実際見てるんですよ。
「出会い系の熟女が干からびた化石みたいなくせに男漁ってる」って。
実際、そう言われたんです!
もう返す言葉もなくて無駄に傷ついただけでした!
出会い系の熟女って恥もプライドも捨ててやらないといけないものなんですか?
歳を取っても、一緒に過ごせる相手を探すことが色ボケなんですか?
もちろん、相手が望むなら、自分が望むなら、そういう関係もやぶさかではないんですけど!
人妻専門出会い系
出会い系にいる人妻

お金の無償支援

お人好しって本当にいるんだなと彼と出会ってそう思いました。
私は風俗で働いていました。理由は楽して大金を手に入れ、老後楽して過ごしたいから。しかし、意外と肉体的にも精神的にも辛い仕事で風俗の仕事を侮っていました。そんなふうに思った時に出会ったのが原田さんでした。彼は私を指名して週一のペースで通ってくれました。離婚して子供はいないこともあって生活に余裕があると言っていたので私は「羨ましい。私は親が持病持っているから働かないと生活ができないからこの世界に入ったの。」と、嘘をつくと「色んなお客がいて大変だろう。一ヶ月いくらここで稼いでるの。私がお金の無償支援してあげようか。」「お金の無償支援ですか。ここでは50万近く稼いでますよ。」「50は無理だな。その半分は挙げられるからそしたら半月店を休むことが出来るかな。今度お金渡すよ。」この日はエッチをすることもなく会話だけで終わりましたが、別に彼の言葉を本気だとは思っていない私はこの話はこれで終わりだと思っていました。
デート援
ところが、次の週彼が20万持ってきて私に渡しました。「これを貰って体を休ませて。両親のため、俺のためにも無理しちゃダメだよ。」なんてお人好しなんだろうと思いました。良い人すぎる彼だけど私はそのお金を受け取り、久しぶりに服やエステなど自分のために使いました。もちろんこの事を彼は知りません。
そして、お金を渡してから一週間後に彼が来店して両親様子を聞いてきました。嘘の話を信じる彼にかだんだん心苦しくなり、その優しさが彼に対して好きという気持ちになってきました。

フェラが気持ちいい
生フェラ